スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

2007年02月11日 12:54

20070211125558
うみだ

建築とはなんぞや?

2007年02月09日 22:34

http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/london_smoke/index.html


世界の状況とは何か?を明確にあらわすコラムだと思った

そしてこんなにも何もしていない僕はダメ


何か秀でた技術がないのに待つだけの姿勢

何かやってやろうという意識が芽生えた


そう


広い視野と知識が必要だ

何かすごくブログを書いてみたくなったので書いてみる

2007年02月09日 22:06

いらっしゃいませ

もう本屋さん気取りのyoshi_greenです

こんばんわ


なんだか無性にブログが書きたい!!けどNY編完結とか映画の感想とかは今は嫌だ!そんなわがままです


最近は映画かバイトか睡眠かみたいな三択生活です

ニュースも見て世の中ではこんなことが起きてるのね!

みたいな感じも多々ありますが・・・


あるある探検隊みたいな話ですが←一昔前

iTunesのトップ25、あれついつい気になりません?自分の事なのにね
僕はついつい自分の気にいってる曲を応援してしまうんですよね、笑
ああーあと再生回数3回で順位上がるわーみたいな
もう一度言いますけど、自分の事なのにね


そんな感じで僕の再生回数top3は
1 何十年後に「君」と出会ってなかったアナタに向けた歌 RADWIMPS
2 Skyline YUI
3 魔法のコトバ スピッツ


こんな感じ



そーいえば1週間ほど前に ノラジョーンズの新しいアルバムNot Too Late買いました!


のーんびりした感じが最高です



一人暮らしでの不安はただ一つ、寝坊です

ああああバイト遅刻しまくりそう


最初のほうは9時集合だからなぁ~


不安不安

では意味のない更新を最後まで読んでくれてどうもありがとう!




バイト

2007年02月06日 21:50

レジは大変(´_ゝ`)

覚えること多い

クレジットがすること多くて大変

あー

有楽町

2007年02月05日 09:00

はじめてキタワー

帰りは銀座散歩ですかね(´_ゝ`)

レンタル~返却のついで~

2007年02月03日 10:12

サムサッカーとロスト・イン・トランスレーションを借りた

更新が近づいていたので一本無料だった!ありがとうライべックス

そんな朝に無事返却しにいった帰りのyoshi_greenです

アイデアの鍵貸します 

2007年02月03日 03:15


アイデアの鍵貸します



最近見てるんだけど(ここ2回だけ、笑)

おもしろいねー

ニューデザインパラダイスは、たまーにしか見てなかったんだけど

これは毎回見ようと決意してる!いろんな人でるしね


森雪之丞って人知らなかったよ

作詞家の人なんだけど


布袋さんのバンビーナとか作詞してるそうです


んでアイデアの鍵は3つ





・場面を凝縮する
・パズル感覚
・一音符に2文字以上



だそう

最初の一つは場面を想定してそのお話を歌詞にしていくってことだそう
そぎ落とすことでメッセージにしていくらしい

んで次のは
歌詞が音に乗らない時は音に乗るように組み替えていくってこと
さらに歌詞を伝わりやすく修正するそう
替え歌を作るとこの練習になるとかとか

最後のは日本語の歌詞でも探せばビートにのる歌詞もできる
といった感じ
なんかこれを使うと音に動きがでててなぁ~


なーんて感じ


思わずメモをとったわけですよ
最近はメモとるのにハマッてて映画の感想とかもメモするわけ



あっ先週のアイデアの鍵貸しますもメモしたから書くかね・



先週は映画監督 行定勲

3つのアイデアの鍵はこんな感じ





・通しどり
・意外な共演者
・突出した日常を取り入れる







最初のは何度も同じ場面を通しでとることで役者の人が感情を入れやすくするんだそうだ。そこに役者の思わぬ演技が生まれるとかとか


意外な共演者ってのは そのまんま 春の雪が例になってたけど
格子ごしにカメラが役者を追うシーンがあるんだ
そうすると役者の表情とかがチラチラしか見えなくて観客が集中するらしい そうすることでより感情などを伝えやすくしているんだとか
このときの意外な共演者は「格子」ってわけ

世界の中心で愛を叫ぶのときはラジオの声で、その時代設定にあった人を選んだんだって!


突出した日常は監督自身の体験からでてるらしく
ある日、金魚をミキサーの中で飼ってるのを見てもしスイッチを押したらどうなるんだろう・・・と考えただけでゾッとするとか
そんな実話を映画に取り入れてるんだそう(映画のタイトル忘れたわー GOかな?)

日常を描くことで普段と違った視点を得るとかも言ってたなぁ~



この番組のいいとこは、八嶋さんがいい味だしてるってのと
その回の人の似顔絵がでるとこかな?
お厚いのがお好き?のときも似顔絵あったね そーいや 


今日 ハローバイバイの人の都市伝説の本買っちゃったよ、笑




明日は朝からライベックスにDVDを返しに行くという大仕事がありますよ
10時までに返さないと300えーん


では、おやすみ




いちおう1ページ目には、いますよ (たぶん・・・)

硫黄島からの手紙 戦争なんて嫌だ!

2007年02月02日 01:29

硫黄島からの手紙 観ました!←ホームページもためになるから是非チェック

映画が水曜で千円だったので昨日、地元で

1人





「戦争」



あまりに今の自分に遠くて考えられない
何より現実の話があるから恐ろしく感じる
遠かったものが身近に感じるということだろうか
戦争モノは人が死ぬのがリアルだ それが根本か?

僕は、DVDで5巻続く戦争ドラマ以来戦争モノは見ていなかった←(ちなみにその作品はバンドオブブラザーズ

けれど硫黄島は話題になっていたというのもあり
ふらっと一人で映画館に入った。




二宮の演技がうますぎて映画には、すぐ入り込んだ。多くの日本兵の中での心理描写がリアルで本心とお国のためにとの狭間に揺れ動く心が描かれていた。



栗林(渡辺謙)は閣下と呼ばれる立場でありながら周りを考えていた。一日でも本土を守ろうとする姿は本当に指揮官のあるべきすがただと僕は思った。みな死を意識しながらも戦った





映画の映像はブレなどにより臨場感がありあの弾に当たって死にたくないと本気で僕に思わせた。
なにより衝撃的だったのは天皇陛下バンザーイというのシーンが多いこと そうだ天皇はあの時代は神だったのだ なんて歴史が頭をよぎる




今は志願しているものだけだが
戦争となれば話は別。徴兵制とは恐ろしい
毎日すれ違う人 友達 あまりに普通の人たちが殺し合いの場へ向かわされるんだ





今の世があまりに平和だってことがチラついた



戦争とはなにかね

けど、上にたつものがしっかりしていれば止められるとも思った
ほとんどが利権がからんだ争いなのだから


何か世界中の人が観るべきだと思った
そんな意味を込めてアカデミー賞にノミネートされたんだろうね




確かによくある話なんだよ映画的には

けどクリント・イーストウッドの細かいテクニックと中立性を保とうとする視点には尊敬する


戦争反対

このメッセージを強く発している映画でした


そして映画というメッセージに期待したいとも思いました


ぜひ観てない皆さんも是非


まぁ僕がいいたいのは、おいブッシュ!!ってことです








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。